蔵王~船形縦走(その2)

高橋
蔵王~船形までの縦走計画の後半戦。北面白山~船形を目指す。北面白山から関山峠は距離的には大したことはないが、登山地図上に登山道はない。登頂後、何とか下山を試みるも、完璧な藪で、木に阻まれ、20分かけてわずか120mしか稼げない。結局断念し、天童高原から48号線に下り、柳沢小屋を目指すことにする。天童高原から48号線まで10㎞、48号線を仙台方向に進み、今度は黒伏高原ジャングルジャングルスキー場まで10㎞。スキー場手前で、暗くなり、ヘッデンをつけて、柳沢小屋に19;45到着。一日中、小雨っぽく、ずぶ寝れとなって、足はパンパン。
翌日は、曇り空の中、5:45小屋を出発。途中から霧雨となり、船形山山頂は風があり、横殴りの雨で寒い。小屋で小休止し、船形連峰を北上するクラビコースを採る。途中で晴れてくる。クラビ沢で靴が水に浸かっての渡渉5回。クラビ沢は、水量多く流れも速い。手ごわそうな沢で、豪快な滝もある。平地におり、落合から新鶴子ダムまで歩き、更に、バス時間が2時間ほどあるため、歩いて下り、食事できそうな場所を探したが、鶴子小学校を過ぎ、中原のバス停まで歩いても見つからない。途中、蕎麦屋があったが、準備中で、結局中原のバス停で登山終了とした。15:50終了
8/27  面白山駅8:20  天童高原9:00 北面白山10:35-11:15 天童高原13:30 国道48号出合15:00 黒伏高原への入口16:15 柳沢小屋19:45
8/28  柳沢小屋5:45 船形山8:40-9:05 クラビコース 落合11:50 新鶴子ダム14:30 鶴子小学校15:00 中原バス停15:50 

面白山〜船形山:面白山仮停〜天童高原〜県道〜国道48〜柳沢小屋泊〜尾花沢

(高橋)蔵王~船形までの縦走計画の後半戦。北面白山~船形を目指す。北面白山から関山峠は距離的には大したことはないが、登山地図上に登山道はない。登頂後、何とか下山を試みるも、完璧な藪で、木に阻まれ、20分かけてわずか120mしか稼げない。結局断念し、天童高原から48号線に下り、柳沢小屋を目指すことにする。天童高原から48号線まで10㎞、48号線を仙台方向に進み、今度は黒伏高原ジャングルジャングルスキー場まで10㎞。スキー場手前で、暗くなり、ヘッデンをつけて、柳沢小屋に19;45到着。一日中、小雨っぽく、ずぶ寝れとなって、足はパンパン。

翌日は、曇り空の中、5:45小屋を出発。途中から霧雨となり、船形山山頂は風があり、横殴りの雨で寒い。小屋で小休止し、船形連峰を北上するクラビコースを採る。途中で晴れてくる。クラビ沢で靴が水に浸かっての渡渉5回。クラビ沢は、水量多く流れも速い。手ごわそうな沢で、豪快な滝もある。平地におり、落合から新鶴子ダムまで歩き、更に、バス時間が2時間ほどあるため、歩いて下り、食事できそうな場所を探したが、鶴子小学校を過ぎ、中原のバス停まで歩いても見つからない。途中、蕎麦屋があったが、準備中で、結局中原のバス停で登山終了とした。15:50終了

8/27  面白山駅8:20  天童高原9:00 北面白山10:35-11:15 天童高原13:30 国道48号出合15:00 黒伏高原への入口16:15 柳沢小屋19:45

8/28  柳沢小屋5:45 船形山8:40-9:05 クラビコース 落合11:50 新鶴子ダム14:30 鶴子小学校15:00 中原バス停15:50

秋田:太平山・旭川弟子還沢左俣

(小野寺)夜明け前に登山口に着くも睡魔に襲われ30分仮眠して5時半発。20分登山道を歩いて目指す支流に入るが、金曜の大雨の影響がまだあって水量が多い。下部はガレ場の沢で中間部の法面の大崩壊の影響だった。本流は右に回り込んで30分で二股。水量の多い左股に入って小滝をいくつも下半身シャワーを浴びながら直登する。下手に巻くより岩が順目のため水流沿いの方が登りやすい。日差しがあたりを照らし出す8時ころ上部の二股に。左に逃げると832mの夏道の水場(菅江真澄が飲んだと看板あり)に出れるが時間もまだあるので本流をつめた。七曲のでだし辺りの夏道に藪漕ぎもなくすっきり上がれた。ここから山頂まで20分程だった。心地よい冷たい風で秋の風でした。昼前に下山、午後から美術館を3つはしごして戻る。
南面の登山道は下部の林道の橋が壊れて廃道に・・・1つ街寄りの剣岳に上がる尾根は整備してるそうです。山頂の小屋は10月第1週まで泊まれるそうです。

蔵王〜船形

19日:硯石〜不忘山〜刈田岳〜熊野岳〜八方平小屋泊
20日:小屋〜雁戸岳〜小東峠〜南面白山〜面白山仮停

(高橋)蔵王~船形まで2泊3日の縦走計画であったが、2日目の悪天により、途中の面白山で終了とした。
8/19白石駅から七ヶ宿町営バスを2回乗り継ぎ、長老湖の東から縦走開始(8:42)。このコースの難点は水の確保。14:20刈田レストハウスで、2.5L補給し進む。刈田からは、ガスで気温下がる。道も藪ポく、疲労もあり、スピード上がらず。笹谷峠までの予定であったが、八方平小屋で泊まる。途中、名号峰手前500mで小熊と出会う。八方平小屋手前300mでもごそごそ音がした。熊のようだが、姿は見えなかった。小屋は6畳間1階に4つ、2階も4つ? 広い小屋を1人独占。夜中から雨。
8/20雨と風は止みそうにない。小屋を4:50出発。雁戸山を越え、笹屋峠山工高小屋で朝食7:25-7:50。二口山塊は、藪ポい、多量に降った雨で斜度のある登山道は全て沢になっている。滑りやすく気が抜けない。南面白山16:08。.面白山駅からの仙山線に間に合うように走り下る。駅に17:18。ぎりぎり間に合った。

蔵王~船形縦走(その1)

高橋
蔵王~船形まで2泊3日の縦走計画であったが、2日目の悪天により、途中の面白山で終了とした。
8/19白石駅から七ヶ宿町営バスを2回乗り継ぎ、長老湖の東から縦走開始(8:42)。このコースの難点は水の確保。14:20刈田レストハウスで、2.5L補給し進む。刈田からは、ガスで気温下がる。道も藪ポく、疲労もあり、スピード上がらず。笹谷峠までの予定であったが、八方平小屋で泊まる。途中、名号峰手前500mで小熊と出会う。八方平小屋手前300mでもごそごそ音がした。熊のようだが、姿は見えなかった。小屋は6畳間1階に4つ、2階も4つ? 広い小屋を1人独占。夜中から雨。
8/20雨と風は止みそうにない。小屋を4:50出発。雁戸山を越え、笹屋峠山工高小屋で朝食7:25-7:50。二口山塊は、藪ポい、多量に降った雨で斜度のある登山道は全て沢になっている。滑りやすく気が抜けない。南面白山16:08。.面白山駅からの仙山線に間に合うように走り下る。駅に17:18。ぎりぎり間見合った。

蔵王・小阿寺沢

L布施、松村
(布施) 簡単で楽しい沢です。ナメが連続していて小滝が連続です。6mの滝は初心者だったらロープが必要だと思います。沢を抜けるとスキー場の上部ゲレンデを下れるので楽。初心者を連れて行くと感激するかも。

剣岳 室堂〜長次郎谷〜右俣〜北方稜線〜剣岳

(小野寺)当初晴天が15日まで・・・という予報でしたが、今日の天気通り荒れると前日変わったので、山頂にも立てたので14日夕方に下山しました。今年の寡雪で剣沢は亀裂が多く登山禁止に・・・下部から目的のルートに入れないことが分かったので、室堂側から立山を周遊して、重荷に負けて楽な長之助谷に入って右股から北方稜線に抜け、Pに。昨晩富山新潟県境にある道の駅でテントを張って1泊。朝方パラパラきたのでスタート、新潟市内は大雨、朝日連峰の峠越えも大雨、山形市内に夕方着くと雨も上がっていました。

大東岳裏コース〜大行沢〜樋の沢〜稜線〜大東岳〜表コース

高橋、木村
(高橋)清流に心が洗われる沢でした。白滝沢から大行沢に入渓し、序盤のゴルジュ、いやらしいへつり帯をカットしたため、滝は2個ほど、へつりも厳しいところなく、ほぼナメの連続。天気晴れ、大東岳山頂から船形連峰の大パノラマが素晴らしい。

タイム
高橋宅6:30出発  二口駐車場7:30-7:50 大東岳裏コースを白滝沢まで歩き、大行沢に入渓8:20。. 樋の沢11:00。稜線に登るところで間違える。藪漕ぎ25分で、大東岳から面白山への稜線に出る13:00。 大東岳14:00-14:10。二口駐車場15:30

帰りは、秋保温泉。入浴料金の物価が高いため、一番安い共同浴場300円に入る。湯船3人が限界、洗い場2つ、シャワーなし。
次回は、500円程度では入れるスポーツ公園の日帰りに行こう。秋保温泉街を抜け、釜房方面へ向う途中.にある。露天風呂もあるようだ。

安達太良山 烏川〜安達太良山〜鉄山

(小野寺)朝から暑く沢日和でした。稜線上は雲が沸いて適度に日陰になって風もあり快適な縦走日和でした。左股は源流部で左から左からと詰めると楽に夏道にでれましたが、間違えると藪漕ぎが大変だと思います。入渓8時半 夏道12時 山頂12時半  鉄山14時でもどってPに16時です。

夏道に出たところにランが咲いてました。葉っぱが退化して矮小化した種類です。

安達太良山 杉田川

高橋、木村、(鈴木)

(高橋)もしもしピッドを6:35出発し、安達太良温泉の先、遠藤ヶ滝不動尊ハイキングコース駐車場へ。沢支度を整え、8:40出発。天気晴れ。杉田川沿いのハイキングコースを行き不動尊の立派なお堂に出る。遠藤ヶ滝は、平安時代末期、那智で千日滝行を行い、その後、関西の山から、白山、立山、富士山、伊豆、戸隠、羽黒などを、修行して回った修験者「文覚上人;遠藤盛遠」にちなんでいる。文覚上人は、真言宗の僧で、各地の霊山修行後、京都の高雄に住み神護寺の復興のため強引な勧進を行い伊豆に流され、伊豆で頼朝に平家打倒の挙兵を勧めた影の人物である。ちなみに不動明王(不動尊)は、修験者・仏道者を守る仏で、真言宗の開祖弘法大師空海が、遣唐使として唐に渡った際に、不動明王(波切不動)が荒れた波の波頭を刀で切って、難破から救ってくれたという。
お堂を過ぎて、橋の袂から杉田川に入渓する。滝は数本あり、ほぼホールドはがっしりしている。前回の焼石岳尿前川本流と似て、赤いスラブに緑の苔の生えたナメが美しい。流れも清い。当初、安達太良山登頂は考えていなかったが、時間が早いため、杉田川の源頭を詰めることとした。最後の藪漕ぎは10分程度。藪の密度は、藪漕ぎ慣れしたものにとっては、それほど猛烈ではない。稜線に12:20到着、装備を解き、靴を履きかえ12:50発。安達太良山頂13:30-13:55。山頂は風がありやや寒い。周りの山々もガスがかかったり、切れたりという感じ。
仙女平の道(表登山道)は、時折笹薮っぽくなるが、概ねよく踏まれている。標高が下がり、駐車地点の東側600m付近に近づいたところで、登山道から薄い藪に入り、駐車場の袂の橋に出る15:57。
帰りは、岳温泉の温泉街を東に進んだところにあるスカイピアあだたらの日帰り温泉510円サウナ付に入る。安達太良山やスキー場の眺めがいい温泉