南雁戸山ブドウ沢コース

鏡(単独)
コース・タイム:
ブドウ沢林道登山口出発(8:18)
八方平避難小屋(10:12)
南雁戸山(10:58)
八方平避難小屋(11:40~12:15)
登山口帰着(13:27)
報告:
山スキーの偵察にと思い、登ったことのないブドウ沢コースへ(下部は大鍋沢の下りで歩いたが)。誰もいないかと思いきや意外にも先行が2パーティ、帰りの時点で自分を含めて車が5台入っていた。クマさんが心配だったが幸い遭遇なし。
沢を2回飛び石で渡渉の後、尾根の急登。この尾根はスキーで登るのはしんどそう。もっと奥まで沢を登って、避難小屋目指して登ればなんとかスキーで行けるかなと見立てた。
八方平の避難小屋は初めて中に入ったが、非常に立派な小屋で逆にこんな需要があるのかと疑問に思うほど。水場は20分ぐらい下ればあるようなことが張り紙してあった。冬に入ればありがたい休憩場所になりそうだ。
1000メートルから上で少し雪が出てきて、山頂付近は霧氷だった。薮の霧氷が解けて肩や袖がびちゃびちゃに。足元も雪と刈払いの笹の葉で滑りやすかった。南雁戸の北峰(?)まで偵察に行くが雪と風が寒いので、北雁戸は断念。避難小屋に戻ってラーメンタイムの後、下り道はあっという間だった。
林道途中の渓流釣り堀は11月6日で終了とのこと。積雪期は国道から入ってすぐの養魚場から歩きになりそうだ。

蔵王;賽の河原~追分~熊野岳~刈田岳~賽の河原に戻る

小野寺
計画通りの時間で周遊できましたが、追分への登り返しの登山道はあまり整備はされていないので、木や枝が登山道を覆って歩きずらかったです。何度もしゃがんで・・・熊野の手前から冷たい季節風が強く、霧氷もとけないで残ってました。雨具を着て刈田まで、後は無風の古道を下りました。紅葉は不動尊・GAGA温泉辺りが見頃です。

真野の岩場

木村、鈴木
真野川へ向かう途中から雨がパラパラと降ってきました。なんとか登れるという状況でしたが、次第に雨が強くなりザアザア降りに。一番簡単なルートを一本ずつ登って終了としました。

船形山:柳沢小屋〜粟畑〜仙交小屋跡〜船形山往復

L鏡、犬嶋
(鏡)予定より早く7:2出発。登山口には3台車が止まっていた。歩き出しのあたりはブナが紅葉していた。仙交小屋跡までは緩やかで、そこから一気に船形山まで3時間弱でした。頂上はガスで寒く小屋に入ったら3人くらいだったがその後どんどん人がきて座る場所がないくらいになった。殆どが大滝からで大滝は紅葉が綺麗でした。
仙交小屋跡までの下りは足が疲れた。予定より早く着いたので温泉で一風呂浴びてから芋煮会。坂本さんの要望で小屋の上の広場で焚火、薪は沢山有ったが太い木がなく鍋がひっくり返るハプニングが。
(犬嶋)下の方は紅葉が綺麗だったが上は終わっていた。

蚕飼山(こがいやま):南西尾根

小野寺
今年はこの山の麓の集落で隠れキリシタンが処刑されて300年(国禁になっても80年続いてたことに)ということで、一度どんな里山か見てみたかったので、行ってきました。北上川と並走する街道筋でした。(登米から気仙沼や一関に抜ける)
登山道は杉林の植林が山頂まで到達してしまったので、25年前から尾根沿いの道は放棄され廃道化してしまって残念ですが、この地域の独立峰で360度のパノラマを堪能できました。国道から林道に入ったところから砂利道が山頂直下まで蛇行(4.2㎞高度差330m程)してますが、最後の50mの階段と山頂広場の草刈りを地元の人が2人きてました。見晴らしが良いので、北面から登山道を作ったら良いハイキングの山になりそうですが。早春の積雪次第ではツボ足で登れるかも・・・

青葉

小野寺、幡野+1人
初心者を連れて幡野さんと外岩デビューに行ってきました。岩場は地元山岳会の忘年会で大混雑20名ほど来ていました。大なべに良い匂いがあたりに漂っていました。午前中はテンのルートを4本登って、午後から11cdのルートに2回トライして力付きました。ホールド・スタンスともエッジがなくなり、ますます登りずらくなったような気がしました。砂岩の岩場の宿命ですが・・・