月山:姥ヶ岳・志津〜電線道(たぶん車道歩き)〜姥沢〜リフト道〜姥ヶ岳〜往路戻る

大竹:天気予報につられていってきました。
のんびり7:15家を出て9:00にスタート。
国道は除雪済みでシャーベット。
志津へも道は除雪済み(ゆっくり出発が当たった)
志津Pには予想に反して新潟ナンバー1台のみ。
がらがらの月山(たぶん今度の休日は混むでしょう)
電線道は藪でした。
上部で入ってみたのですがまったくの生雪で蔓にスキーがひっかりエネルギーロス。
鏡さん、日曜日は素直に歩いてください。
途中でローペースの新潟ボーダーを追い越し、
ノントレースの道を楽しんできました。
リフト道は十分とはいえないけどOK。
姥沢で1本。
リフトトップ11:20。
天気も良いのでそのまま姥ヶ岳へ。
山頂手前からガリガリと岩。
後は美味しそうな斜面を選んで滑降。
ただ姥斜面は藪とガリガリ。
誰も居ない姥と眺めを楽しんで風が強くなってきたのを契機に
リフト道の処女バーンを滑降。
姥沢でラーメン食べて戻りました。
フォト蔵に雪の様子 があります。
25グラムしかないガスのトップを買いましたが結構いけますな(^^♪
結論
雪はあります。
が、車道の歩きが・・・。
この時季毎回嫌になります。
帰りもさほど滑らず。
滑りを楽しみたい方は再来週かな?

【11月会山行】月山

11月20日(日)月山:古道散策
L西田、大竹、阿部、坂本
(西田)日帰り山行、雪は溶けて積雪ゼロ。志津まで戻り六十里越えへ歩き始めると降ったりやんだりの天気。2時間程歩き終了採ったナメコは味噌汁で。

(坂本)今年は天気が悪かったりして会山行はつぶれる事が多かった。六十里越えは良い感じで又時期をずらして行きたい。

(阿部)久し振り雪が無かったのが残念良い感じの散策。

(大竹報告メール添付します)
案の定雪まったく無し(覚悟のうえなので落胆無し)。
姥沢も雨。
下へ降りて古道散策に転進。
晩秋のブナ森を2時間半ほどのんびりと散策しながら戻ってきました。
美しいナメ子さんにも会うことが出来、これはこれでマンゾクの山行でした。
山の状況と出会ったナメ子さんの容姿はフォト蔵に掲載。

月山:姥ヶ岳・志津〜電線道〜姥沢〜リフト道〜姥ヶ岳

大竹牧夫、千田賢、矢作武士

付いて行くのに必死の山行。
雪は思ったよりありません。
姥沢まで車。
7:20行動開始。
リフト道を辿り上駅までノンストップ。
藪があちこちに広がって快適とは言えず。
姥から山頂へ向かいましたが、朝早いためか山頂下はガリガリで
あきらめ、牛首付近で雪のある斜面を5〜6本。
この時季珍しい好天のもと大汗をかきながら初滑りを楽しんできました。
とにかく二人のペースがとても速くまったく付いて行けず。
滑りも波を打った斜面を力強い滑りで直線的に突っ込んで、これまた追いかけるのが
大変でした。
それでもいろんな山行スタイルがあるんだなあ、と勉強にはなりました。
この日滑りに来た人は我々含め7人ぐらい。
全員単独山行をモットーとするばりばりのお馴染みさん。
あちこちまだ藪が多く、かろうじて四ツ谷源頭のボウル付近だけが滑れる状況。
姥からリフト駅への斜面は、石や藪で難しい状態。
帰りのリフト道は、本日の好天で雪が下部を溶けてつぼ足で下降。
電線道も登下降とも駄目です。
今日の好天で一層地肌が出て今週よほど雪でも降らない限り来週は無理かと思います。